インフォ

  • 新規会員登録

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様 現在のランク:{@ member.stage_name @} / ご利用可能ポイント:{@ member.total_points @}

操法グッズ・関連品特集

消防操法大会に向けて、おすすめ
人気操法グッズ・関連品特集!

消防団・操法関連推奨グッズはこちらから

HOME > 操法グッズ・関連品特集

人気操法グッズ・関連品

日頃の訓練で脚絆やゼッケン、操法シューズ・ヘルメット等は傷んでませんか?
訓練や競技用におすすめ消防団装備品・機材・関連品をご紹介します。

脚絆

消防操法用シューズ

グローブ

ヘルメット

ゼッケン

ベルト

管鎗

ノズル

ホース用品

媒介

その他操法関連機材・操法用品

消防操法教材・法被デザイン今治タオル

全国消防操法大会26回(平成30年10月19日)
富山県広域消防防災センターで開催

応援団や一般観覧者も含め、全国から約1万人が訪れる大規模な大会で、
チームの規律、行動の正確さや速さが審査され、選手の機敏な動きや的確な放水に観客から大きな拍手が送られました。

ポンプ車の部は、栃木県 益子町消防団 が審査総合得点183.0点、一線・二線 合計タイム112.78秒で優勝。
小型ポンプの部は、滋賀県 日野町消防団 が審査総合得点91.0点、一線・二線 合計タイム40.72秒で優勝。

消防操法大会

全国の消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図るとともに、消防活動の充実発展に寄与することを目的とし、日頃の訓練により培った消防操法技術を競い合う大会です。

総務省消防庁(引用)

全国消防操法大会

2年に1度、開催され、各都道府県の代表チームが2部門で火消しの技を競い、防災への士気を高め合います。

消防ポンプ自動車を使用した「ポンプ車操法」
持ち運び可能な小型動力ポンプを使用した「小型ポンプ操法」

上記2部門のうち、いずれかに各都道府県の代表隊1隊が出場します。

・消防団は、市町村の消防機関ですが、それを支える消防団員は「自らの地域は自らで守る」という郷土愛護の精神に基づいて 参加し、地域住民を守るために昼夜を問わず消防活動にあたっています。これは江戸時代の町火消し、明治時代の消防組以来の伝統であり、この基本精神は現代においても変わることはありません。
消防は市町村の事務とされています。
このため市町村は、消防機関として消防本部、消防署、消防団のうち全部又は一部を設けなければならないこととされています。

ほとんどの市町村は、消防本部及び消防署(これらを常備消防という)と消防団が併存する消防体制をとっています。

公益財団法人 日本消防協会(引用)